資金調達マーケット!事業資金の融資借入&至急の資金繰り

資金調達マーケット!事業資金の融資借入&至急の資金繰り

ノンバンク融資で資金調達・借入

シンジケートローン/シンキ・オーナーズセレクトカードを利用する

更新日:

シンジケートローンとは

世界各国の銀行が協調融資団のシンジケートを組成し、各国政府や政府機関に対して行う中長期の貸付を、シンジケートローンといいます。

協調融資であるこのシンジケートローンは、貸し手にとっては危険分散を図ることができ、借り手にとっては巨額の資金を効率的に調達できます。シンジケートを、国だけでなく各金融機関が協調して組成し、同一条件でひとつの融資契約書に基づき融資を行なう資金調達方法としてよく知られいるものです。借入れ企業との交渉や金融機関の調整を取りまとめるのがアレンジャーと呼ばれる金融機関です。

契約調印後は契約条項の履行管理や元利金の支払い等、事務作業を一括して行なう金融機関をエージェントと言います。普通は、エージェントに就任するのはアレンジャーというケースが殆どだそうです。シンジケート団は参加金融機関を幹事金融のアレンジャーが募集する形態は社債を発行するのと似た面があります。

金融機関からのお借り入れ取引きが、シンジケートローンなのです。短期的に必要な場合も有効な手法と考えられ、設備投資のような長期的に必要な資金調達だけでに限ったものではありません。契約条件の検討からシンジケート団を構成する貸付人となる金融機関の募集と契約締結手続きなどを、アレンジャーは行っています。

契約の際借入れ人は、アレンジャーへの手数料を支払うことになります。貸付人としてアレンジャー自身がシンジケート団に参加することもあるでしょう。シンジケートローンを組む上で、とても重要だと考えられるのが、アレンジャーなのです。

 

シンジケートローンの特徴

シンジケートローンにはいくつか特徴があります。シンジケートローンという調達方法は、市場型間接金融と呼ばれる金融形態を代表するものです。この方法は、直接金融の特徴である市場性と間接金融の特徴の柔軟性を両方持っています。

資金調達の可能性を広げることが考えられる市場型間接金融とは、財務内容を広く開示し、債権の流通を高めることができるといえます。借り入れ金を利用して、資金調達を行なうことです。シンジケートローンは、借り入れ側にとって自由な条件や返済スケジュールの設定を、通常の銀行借入れや社債での調達に比べて円滑に行なうことが出来るのです。

たくさんの金融機関との取引きを行なうのがシンジケートローンの特徴です。アレンジャーというのは実際の交渉相手が契約締結前のとき、契約締結後はエージェントと決められています。シンジゲートローンは、事務作業などの負担が少なく済むということが、大きな特徴なのです。

低コストの資金提供が可能となるのは、既に受けている融資取引きの有無に関係なく金融機関を広く募集するからです。シンジケートローンで高くなる可能性は、低金利での融資を実現できるということです。一つの融資契約書に基づいて複数の参加金融機関との金利や返済期間などの条件を統一することが出来るのもシンジケートローンの大きな特徴のひとつです。

 

 

シンキ・オーナーズセレクトカードを利用する 行方不明

シンキ・オーナーズセレクトカードを利用する

シンキ・オーナーズセレクトカードは、融資限度額が最大でも300万円となっていますので、中小企業が利用するにはちょっと厳しいかもしれません。しかし、個人事業主の方や、零細企業の場合、300万円で十分ということが多くあります。特に、取引先からの入金が遅れている場合などのように、入金の予定があるけれども、その前に資金が必要になっている場合などは、大きな金額ではないけれども、至急必要になることもあります。そのような時に、シンキ・オーナーズセレクトカードがあれば、すぐに融資を受けられるので助かります。

また、個人事業主の方は融資を受ける場合に、総量規制の対象になると考えている方もいますが、事業性資金の融資の場合は、総量規制の対象外となっていますので、シンキ・オーナーズセレクトカードの申し込み時に、本人確認書類と確定申告書を提出することで、事業性資金の融資となり、年収の3分の1を超える額でも借入が可能になります。インターネット上から申し込みができますし、特定の銀行口座を持っていれば、24時間いつでも融資を受けられるなど非常に利便性が良いので、個人事業主の方で融資が必要な方は、検討してみると良いでしょう。

ただし、金利は実質年率13%から18%と、特別高くはないものの、やはり銀行や信用金庫などと比べると高いので、資金が急ぎで必要という場合でなければ、まず、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫などに融資を申し込み、審査に通らなかった場合に、シンキ・オーナーズセレクトカードに申し込むのが賢い使い方と言えます。

 

シンキ・オーナーズセレクトカードとは

シンキ・オーナーズセレクトカードとは、新生銀行グループのシンキ株式会社が提供する、ビジネスローンなどのカードのことです。多くのビジネスローンは、指定口座に必要な資金が振り込まれるようになっていますが、シンキ・オーナーズセレクトカードはカードローンですので、コンビニやショッピングセンターのATMや、新生銀行を含む提携銀行のCD・ATMでも借入をすることができます。

カードローンの場合、総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える金額を借入することができませんが、事業性資金は総量規制の対象外となっていますので、事業性資金としての融資を提供しているシンキ・オーナーズセレクトカードは、年収の3分の1以内という縛りがありません。入会金や年会費も無料ですし、金利は実質年率13%から18%となっていて、かなり高いというわけでもなく、担保・保証人不要で即日融資も可能なので、非常に便利です。

ただし、融資限度額が最大でも300万円となっていますので、事業拡大の資金として融資を受ける場合は、事業資金の一部としての利用になることもあります。個人事業主の方で、機材の買い換えなどに利用する場合など、300万円以内の資金で足りる場合は、すぐに融資を受けられるという大きなメリットが享受できます。返済方法も、コンビニやショッピングセンターのATM、提携銀行のCD・ATMの他に、振込での返済や、自動引き落としによる返済もできますので、300万円までの資金が至急必要な場合は、ひとつの選択肢として考えると良いでしょう。

即日融資か翌日審査が可能なビジネスローンや資金調達方法

ビジネクスト

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

オリックスVIPローンカードBUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応
しているのが使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

 

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも可能!

-ノンバンク融資で資金調達・借入

Copyright© 資金調達マーケット!事業資金の融資借入&至急の資金繰り , 2018 All Rights Reserved.